社長語録

仕組み作りが大事

我が家は、8050世帯である。

母親85歳、私59歳である。

先日、炒飯をつくった。

『これ、あんたが、作ったんか?!』と上手いうまいと食べてくれた。

先月、川崎市で痛ましい殺傷事件も起こり、中高年のひきこもり、8050問題が浮き彫りにされている。

毎月、母親の薬をもらいに、内科、耳鼻科、デイサービスと動く。

世間でいう、50歳息子介護にあたるのでしょうけど、

私は、決して介護と思ってない。長男の宿命、親孝行と思ってやっている。

現状の母親の状況と向い合い、把握する。

どうしようもない、やるせなさ、もどかしさのコントロールのコツを掴む。

世の中の介護の仕組みの利用を、母親に合った現状にどのように上手く取り入れていくかは

身内の判断となる。

 

お陰で、会社の仕組みづくりをここ数年で取り組んでおり、取り敢えず、社長不在でも会社は回っている。

 

何事も現状に合った『仕組み作りが大事』である。

 

 

 

このサイトを広める