社長語録




				

ビジネスと楽しい人生の実践

上記タイトルにて11月12日(火)、大阪学院大学で外部講師として講義させていただきました。

 

今回お話をいただいた中野教授とも広島エレガンス倶楽部の活動でご縁をいただいており、

学生の皆さんに伝えたかった「Mission, Passion, Action」「人脈」という内容をまさに表した例だと思います。

 

何事も目的をもって本気で取り組む。

その中でHAND TO HAND, FACE TO FACEのコミュニケーションを実践する。

 

そうすれば必ず人脈はできていきます。

 

 

 

講義後には学生たちから直接感想を受け取りました。

 

 

 

特に、時間の使い方の大切さについては心に残った学生が多かったようで、

講義内で伝えた「初動」「計画7割合、実施1割、反省2割」というキーワードは感想にも多く見られました。

 

他にも「コミュニケーション力の自信は、男女問わずナンパの声かけや恋愛から養う」という話は身近に感じてくれたようでした。

いろんな人と関わり、いろんな経験を積んで、どんどん人としての厚みを増していってほしいものです。

 

将来を担う若い人材に刺激をもらった1日でした。

仕組み作りが大事

我が家は、8050世帯である。

母親85歳、私59歳である。

先日、炒飯をつくった。

『これ、あんたが、作ったんか?!』と上手いうまいと食べてくれた。

先月、川崎市で痛ましい殺傷事件も起こり、中高年のひきこもり、8050問題が浮き彫りにされている。

毎月、母親の薬をもらいに、内科、耳鼻科、デイサービスと動く。

世間でいう、50歳息子介護にあたるのでしょうけど、

私は、決して介護と思ってない。長男の宿命、親孝行と思ってやっている。

現状の母親の状況と向い合い、把握する。

どうしようもない、やるせなさ、もどかしさのコントロールのコツを掴む。

世の中の介護の仕組みの利用を、母親に合った現状にどのように上手く取り入れていくかは

身内の判断となる。

 

お陰で、会社の仕組みづくりをここ数年で取り組んでおり、取り敢えず、社長不在でも会社は回っている。

 

何事も現状に合った『仕組み作りが大事』である。

 

 

 

備えあれば

 昨今、インフルエンザが猛威をふるってますが、弊社も福利厚生として、

予防ワクチンを社員・家族の方に打ってもらっているにも関わらず

一度に3人掛かるということに。。。

 予防注射した後は、各々の予防対策も十分にやれて乗り切るしかないです。

会社は、直ぐに加湿器を導入しました。

 

実践しましょうね‼

 

武田信玄の名言

◎一生懸命だと、知恵が出る

 

◎中途半端だと、愚痴が出る

 

◎いい加減だと、言い訳が出る

 

 

信頼してこそ、人は尽くしてくれる。

 

経営指針で一丸に会社づくり

中小企業家同友会で、弊社の経営理念を成文化して4年になる📖

 

社長語録用 社長語録用

 

このたび、8月23日㈭18時30分~;廿日市商工会議所で

その後、どの様に浸透し、どう活用して会社づくりしているか等の講話をさせてもらいます🎤

今後は、経営理念を社員と共に更新していき、新たな日本パイプ㈱を躍進していきます。

 

社長語録用 社長語録用

乱れ

良い名言が、飛び込んできた。

 

部屋の乱れは、心の乱れ。

心の乱れは、生活の乱れ。

生活の乱れは、家庭の乱れ。

家庭の乱れは、人生の乱れ。

 

実に、府の落ちる名言である。

まず、身近な机の上、部屋の掃除、整理整頓からだ。

貧乏な人生を送る3つ言い様

仕事するにおいて、窮地に立った時に、下記の3つの言い様は、

給料が上がらない=お金がない=貧乏な人生ではないでしょうか⁉

 

言い訳をする人(子供みたいな人)

言い掛かりつける人(暴力団みたいな人)

言い逃れする人(詐欺師みたいな人)

 

こんな人は、仕事も転々と変えてる人が多いのではないでしょうか。

上司力

弊社にも、48年間で初めて新卒社員が男女一人ずつ入社してきました。

従来の見直しと確認の意味で、弊社の管理者と指導者と、部下への関わり方、教育の仕方

ティーチングよりコーチングが大事などの上司力についてコンサルタントと勉強しました✐

 

つまり、コーチングとは、

業務のマニュアル化や期日を決めての目標設定。

やって見せ言って聞かせ、照れずに誉めよう!!

入社3年までは会社の責任である。

 

先輩の背中をみて習え!分からなかったら聞きに来い!は、

もう古いし、通用しないのです。

 

   

節目の日

今年も慌ただしく一ヶ月が過ぎてしまい、あっという間に、節分を迎えております。

 

今年は、干支が酉年です。

十二支の中の動物で、酉が一番色んな個性をもった干支だと思います。

人のまねをする九官鳥、怒って羽を広げる孔雀、肉食のコンドル、ペットとして可愛がれるインコや文鳥、などなど

色々個性を持った鳥たち。

 

そんなおのおの鳥の個性が認められて生きている生涯でしょう。

人間も、おのおのの個性を、『強み』にして仕事などで生かしながら羽ばたいて乗る切りたいものです。

 

弊社も今年最初から社員の出入りがあり、正に鳥のようにバタバタしておりますが、

4月には、弊社初めての新卒の入社が一人決定しており、その間も別に一人か二人採用をする予定です。

 

日本パイプ㈱も、2019年には創業50年を迎えます。

将来のためにも継承と伝承が出来る体制と仕組み作りを充実していきたい

2017年と思っております。

関与する皆様方、より一層のご教授とご協力の程を宜しくお願いします。

 

人事考課制度

先日、同友会の経営フォーラムがありました。

 

同友会 同友会

 

そこで、学び、また新たな気付きを感じました☆彡

 

人事考課制度は、態度+能力+成果 である事を学びました。

 

【人事考課制度】=【 弊社の人事考課制度】

    態度     基本給(60項目)

     +       +

    能力     職務給

     +       +   

    成果     営業 又は 業務 手当      

 

『態度』の中には、倫理や道徳の人間性も考課されます。

 

その他、気付は、

*今、苦しいなら、全体で決めた事をやり遂げる事。

*社員への教育=共育する事で、不可能を可能にする経営。

*良い社員を作る為に他社との交流して、他社に社員を育ってもらう機会を設ける。

*部門 間のパイプ役は経営者が行わない。 など

 

すぐに、実行しなければならい事です。

1 / 212
このサイトを広める